ダイエットで関節炎の改善

肥満の関節炎はとりあえず痩せること

関節炎 改善膝が痛い病気

肥満の関節炎はとりあえず痩せること : 痩せたら軽めの運動をはじめる : 痛みがなくなったら筋トレで再発予防

立ったり座ったりといった動作をするときだけでなく、歩いたり階段の上り下りをするときに膝の関節に痛みが入って壁などに手をつかないと耐えられないくらいになったことがあります。
病院で診察してもらったら関節炎だといわれ、湿布を貼るかサポーターをしたりするくらいしか対処の方法がありませんでした。
その時に医者に言われたのが体重を少し落とすと膝の負担が減って痛みの症状が改善される可能性があるということです。

膝に痛みを感じ始めたことは、体重が100キロ近くあり、自分でもダイエットをしなければいけないなと思っていたことでした。
膝の痛みだけでなく、血液検査の結果、血糖値などの数値も悪かったので本気でダイエットをすることを決意し、本当に毎日痩せるための努力を始めました。
ところができるだけ糖質を減らすなどの食事療法と、運動をしていこうと思ったのですが、うまくいきませんでした。
なにが原因なのかというと、食事の量は減らすことができたのですが、ちょっと歩いただけで膝が痛くなってしまって挫折してしまったからです。
最初の張り切ってランニングをしたのもよくなかったのかもしれませんが、膝の痛みがひどくなってしまい、寝ていても痛くて起きてしまうくらいになってしまいました。